• トップページ
  • 医院コンセプト
  • 院長紹介
  • 医院情報
  • アクセス

銀歯を白い歯に~審美歯科~

口を開いたときにふと顔をのぞかせる銀歯。治療したときは「大して気にならないだろう」と思っていたのに、いざ入れてみると、鏡を見るたびに憂鬱(ゆううつ)な気持ちに……。このような方は珍しくありません。

歯の印象で顔全体の印象も変わります。銀歯を白い歯に変えれば、口元がきれいになり、ぐっと印象はよくなるでしょう。日吉本町、綱島の歯医者「エール歯科クリニック」の審美歯科では、銀歯以上の機能性と、抜群の審美性を備えた人工歯をご提供します。

銀歯に代わる白い歯~セラミック素材~

銀歯のデメリットとしてよく挙げられるのが「見た目の悪さ」や「金属アレルギーのリスク」。こうした銀歯のデメリットを解消する歯科素材が「セラミック」です。以下で銀歯とセラミックの違いを比較してみましょう。

  銀歯 セラミック
 

銀歯

セラミック

審美性 口を開けたときに銀色の詰め物が目立ってしまう 天然歯に近い色味・質感を再現可能
耐久性 劣化して、歯との間に隙間ができ、虫歯が再発することがあるため、数年に一度、交換する必要がある 経年劣化・摩耗がほとんどないため、メインテナンス次第では20年以上使うことも可能
変色 長期使用で変色する可能性がある ほとんど変色しない
金属アレルギー リスクがある リスクがない

当院取り扱い素材

オールセラミック
セラミック素材だけでできた素材です。
メリット オールセラミック
  • 透明感、白さが天然歯に近く見た目が美しい
  • 強度、耐久性が高い
  • 経年劣化、変色がほとんどない
  • 金属アレルギーにならない
デメリット
  • 強い力が加わると割れることがある
ハイブリッドセラミック
セラミック素材とレジン(歯科用プラスチック)を混ぜてつくられた素材です。
メリット ハイブリッドセラミック
  • 透明感、白さが天然歯に近く見た目が美しい
  • 強度、耐久性が高い
  • 硬さが適度で、咬み合う歯を傷めない
  • 経年劣化、変色がほとんどない
  • 金属アレルギーにならない
デメリット
  • メタルボンドに比べると強度で劣る
メタルボンド
金属製の被せ物の表面にセラミックを焼き付けた素材です。
メリット メタルボンド
  • 見た目の美しさと金属の強さを両立
  • 変色がほとんどない
  • 強度が高いため割れにくい
デメリット
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 内側の金属の色が透けて見えることがある
ラミネートベニア
薄く削った歯の表面に、つけ爪のような板状のセラミック素材を貼り付けます。
メリット ラミネートベニア
  • 見た目が美しい
  • 変色しにくい
  • 短期間で施術可能
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
料金表
オールセラミック ¥129,600
セラミックインレー(大臼歯) ¥54,000
セラミックインレー(小臼歯) ¥48,600
E-MAX FMCステイン ¥54,000
E-MAX FMC ¥32,400
E-MAX クラウン ¥32,400
E-MAX インレー ¥27,000
ファイバーコア(間接) ¥10,800
ファイバーコア(直接) ¥5,400
メタルボンド ¥86,400
メタルボンドフルベイク ¥97,200
インレー(ゴールド)大臼歯 ¥37,800
インレー(ゴールド)小臼歯 ¥32,400
FMC(ゴールド) ¥64,800

※すべて税込金額です

歯の黄ばみが気になる方は下のホワイトニングをご覧ください。

黄ばんだ歯を白く~ホワイトニング~

コーヒーや紅茶、ワイン、タバコ、加齢……歯はこうしたさまざまな要因で、黄ばんだり黒ずんだりしてしまいます。一度、着色・変色してしまった歯は、通常のブラッシングでは白くなりません。そこで、歯を元通り、あるいはそれ以上に白く美しくするために行うのが「ホワイトニング」です。ホワイトニングは、専用の薬剤を使うことで、健康な歯を削ることなく白くできる処置です。ぜひ、ホワイトニングで白い歯と輝く笑顔を手に入れましょう。

歯の白さが与える印象とは?

術前

術後

皆様は、人の顔を見るとき、まずどこを見ますか? 2009年に行われた「日本臨床矯正歯科医会」の調査によれば、「他人の顔を見るときにどこに目がいくか」という質問の回答として、1位が目元(90%)、2位が口元(47%)という結果が出たそうです。このことから、口は非常に他人からの注目度が高いことがわかります。

白い歯は、「清潔さ」「爽やかさ」「若々しさ」「明朗さ」など、さまざまなよい印象を与えます。多くの人に注目される歯を白くきれいにすれば、あなたの印象はさらに良くなるはずです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2種類があります。それぞれの特徴をご紹介します。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング施術。高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くします。施術は1時間程度で終わるため、結婚式前などですぐに歯を白くしたい方におすすめです。ただし、即効性がある反面、色戻りが起きやすく、白さを維持するためには定期的に通院する必要があります。

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニング施術です。歯科医院で患者様のお口に合わせて製作した専用のマウスピースに、比較的低濃度の薬剤を注入して歯に装着することで白くします。1日2~3時間程度の装着を2週間ほど続けていただくことで、歯を白くしていきます。多くの工程を自分でやる必要があることやオフィスホワイトニングに比べ時間がかかるといったデメリットがありますが、反面、色戻りが少なく、白さが長持ちするというメリットがあります。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングをお考えの際は、以下のことをご留意いただきますよう、お願いいたします。

  • 効果には個人差があります。
  • 歯科技工物(詰め物・被せ物など)は白くできません。
  • 「テトラサイクリン」などの抗生物質や薬剤による変色に対しては効果が現れない場合があります。
  • 虫歯や歯周病などの症状がある場合、先にそちらの治療を優先します。
  • 18歳未満の方、妊娠中の方は施術をお受けいただけません。
  • ホームホワイトニングでの薬剤の使用・管理は、必ず歯科医師の指示に従ってください。
  • 施術前にはブラッシングを行ってください。
  • マウスピースをつけたままの飲食や喫煙は避けてください。
  • 施術期間中は、色の濃い飲食物(コーヒー、カレーなど)の摂取や喫煙はお控えください。
  • 白さを維持するため、定期的にメインテナンスを受けましょう。
料金表
ホームホワイトニング 上下顎 ¥10,800
オフィスホワイトニング 上下顎 ¥16,200

※すべて税込金額です

銀歯や歯の黄ばみが気になる方は、一度当院までご相談ください。045-560-1180