• トップページ
  • 医院コンセプト
  • 院長紹介
  • 医院情報
  • アクセス

失った歯の機能を取り戻したい~インプラント治療~

もし、何かの理由で歯を失ってしまった場合、従来では入れ歯を用いて機能を回復させるのが一般的でしたが、近年、より天然歯に近い咬み心地を取り戻せる治療法として「インプラント治療」が登場しました。

インプラント治療は、生体親和性の高い「チタン」でできた人工歯根(インプラント)を、歯を失った箇所の骨に埋め込み、そこへ人工歯を被せる治療法。非常に高い安定感があり、まるで自分の歯のように咬めることと、天然歯さながらの美しい見た目を得られることが特長です。

日吉本町駅から徒歩5分、綱島からも徒歩圏の歯医者「エール歯科クリニック」では、高い技術と最新機器により、高精度のインプラント治療をご提供いたします。

当院のインプラント治療が安心・安全な理由

歯科用CTによる精密な診断

当院ではインプラント治療に、3D撮影とコンピュータによるデータ解析で顎の骨の位置や骨量などを正確に把握できる「歯科用CT」を用いています。これにより、患者様一人ひとりに合わせた精密な3D模型製作が可能になるほか、事前にインプラント埋入シミュレーションを行えることで、より高精度なインプラント治療を行えます。

インプラント専用のオペ室で治療

インプラント治療は、外科的処置を伴う難しい手術。そのため、埋入する人工歯根はもとより、治療に使う器具類の衛生管理は絶対に欠かせません。当院では、インプラント治療専用のオペ室を設置し、高い衛生レベル維持を心がけています。できるかぎり無菌に近い状態で手術を行い、感染症などのリスクを最小限に抑えています。

サージカルガイドによる正確なドリリング

インプラントは、顎の骨に穴を開けて埋入します。このとき、ドリルを当てる場所を正確に導くための装置がサージカルガイドです。サージカルガイドを用いることで、ドリリングのブレや不具合を最小限に抑えることができ、安全で正確な治療が可能になります。

インプラント治療の流れ

Step1.カウンセリング・検査
患者様の現在のお口の状態を詳しくうかがったうえ、詳細な検査を行います。口腔内を肉眼で確認するだけでなく、歯科用CTを使って顎の骨の形状や骨量・厚みなどを調べます。

Step2.治療計画策定
検査で出た結果をもとに、必要な歯の本数などを決めていきます。

Step3.一次手術

歯を失った箇所周辺の歯ぐきを切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。

Step4.治癒期間

一次手術後は、インプラントと骨を結合させるため、3~6ヶ月の治癒期間をおきます。

Step5.二次手術
インプラントと顎の骨が無事に結合したら、インプラントの先端にアバットメント(連結部)を装着します。その後、傷口を回復させるため、さらに1~6週間程度置きます。

Step6.人工歯を装着
歯ぐきの傷口が回復したら、患者様のお口に合わせてつくった人工歯を取り付けて完成です。

Step7.メインテナンス
治療後も定期的にメインテナンスを行うことで、インプラントを長持ちさせることができます。最低でも半年に1回程度、メインテナンスにお越しください。
料金表
インプラント(白い被せ物込み)
ケンテック(日本製)
¥216,000
インプラント(白い被せ物込み)
カムログ(ドイツ製)
¥324,000

※すべて税込金額です

ぴったり合う入れ歯が欲しい~入れ歯治療~

お使いの入れ歯にこのようなお悩みはありませんか? もしかすると、その入れ歯はあなたのお口に「合っていない入れ歯」かもしれません。歯は毎日の生活に欠かせないもの。せっかくなら使い心地のいい入れ歯で毎日を過ごしたいところです。

当院では、保険適用の入れ歯のほか、自費治療によるオーダーメイドの入れ歯をご提供することができます。患者様一人ひとりのお口にぴったりの入れ歯をおつくりしますので、現在の入れ歯に不満をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

保険適用の入れ歯と自費治療の入れ歯の違い

 

保険適用

保険適用

自費治療

自費治療

色・形の種類 少ない 多い
耐久性 低い 高い
見た目 人工的な色味で見た目があまりよくない(入れ歯だとすぐに分かってしまう) 自然な見た目のため、入れ歯だと気づかれにくい
装着感 素材が厚くなるため、違和感が出やすい。また、食べものの温度を感じにくい 素材を薄くできるため、すぐれた装着感。また食べものの温度を感じやすい
製作工程 工程が限られているため早くできる オーダーメイドのため時間がかかる
費用 保険適用で安価 自費治療なので高額

当院の取扱入れ歯

保険適用
総入れ歯(レジン床)
総入れ歯(レジン床) メリット
  • 安価・短期間に製作可能
  • 修理が容易
デメリット
  • 違和感が出やすい
  • 上顎の素材が厚くなるため、食べものの温度を感じにくい
部分れ歯(レジン床)
部分れ歯(レジン床) メリット
  • 安価・短期間に製作可能
  • 修理が容易
デメリット
  • 残った健康な歯に金属のバネをかけて固定するため、その歯へ負担をかけてしまう
保険適用外(自費)
金属床入れ歯
金属床入れ歯 メリット
  • 使用している金属の熱伝導率が高く、食べものの温度が伝わりやすい
  • 強度があり、薄くつくれる
  • 見た目の違和感があまりない
デメリット
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 修理をしにくい
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー メリット
  • 金具を使わないため、薄く軽い
  • 弾性があり、外れにくい
  • 見た目が自然
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 3年程度で交換する必要がある
料金表
総入れ歯(金属床) ¥324,000~
部分入れ歯(金属床) ¥216,000~
ノンクラスプデンチャー ¥162,000
スマイルデンチャー(片側) ¥129,600
スマイルデンチャー(両側) ¥162,000
ソフトレジン ¥54,000

※すべて税込金額です

歯を失ってお困りの方は当院までご相談ください。045-560-1180